※STD(性病・性感染症)は、他の病気と同様に早期発見、早期治療が大切です。そして病気の再発を防ぎ、後遺症を残さない治療が必要です。その為には、早めの検査が重要となります。


STD(性病・性感染症)の実態!

性病・性感染症は、20代~30代を中心に性的活動が活発な若い人たちに蔓延している病気である事が示されています。その中でも、クラミジア感染症が最も多い。
※最近は、オーラルSEXを介した感染も目立っており、性交渉をしていなくても口から性器へ、性器から口へと感染するので注意が必要!

STD(性病・性感染症)について

日本国内の新規HIV感染者数は、一時期、減少傾向にありましたが、近年、再び増加し、右肩上がりになっています。以前は、「HIV=死」と言われて来ました。今は、医療の進歩に伴い薬で抑える事が可能な時代です。早期発見(検査)、早期治療、そして、今後の感染予防が最も重要です。


STD関連 MENU


※性感染症の中でもっとも患者数が多いとされている性器クラミジア症は、症状が進行すると、卵管炎や子宮内膜炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因となる事があります。また、エイズ患者はクラジミアに感染していることが多い事から、“HIVに感染しやすいSTD”としても問題視されています。
※特に包茎の方は、清潔に保つことが難しい為、性病・性感染症に感染しやすいと言われています。ご注意下さい。

STD以外、男の悩み解消・改善方法

  • 亀頭増大で刺激アップ⇒早漏改善
    ペニスの亀頭が小さくて、自信が持てない。その様な方には、亀頭(カリ)増大をする事で自信とパートナーへの刺激アップが期待できます。また、包茎手術と同時に治療が可能です。

  • 陰茎増大で更にパワーアップ
    ペニスのサオ部分が細くて、ペニスに自信が持てない。その様な方には、陰茎(サオ)増大で自信とパートナーへの刺激アップが期待できます。また、包茎手術と同時に治療が可能です。

  • シリコンボール挿入でパワーアップ
    シリコンボールをペニスに挿入する事でパワーアップが期待できます。俗にいう“玉入れ”女性の満足度UP、男としてのコンプレックスの解消、自己実現・自己満足にもなります。

  • 勃起不全⇒ED治療でSEXライフの充実
    先ずEDの原因を追求し、それによって、自身にとって最適な方法で治療が必要になります。現在、内服のED治療薬によりSEXライフの充実が期待できます。

  • パイプカット(男性避妊)で第二のSEXライフ
    手術後のSEXライフも手術前と全く変わる事はありません。女性への負担軽減、安心して、性交渉を楽しむ事ができます。また、パイプカットには、条件があります。

  • フォアダイス(ブツブツ)除去
    ペニスにブツブツができる症状で、性病とよく間違われます。気になる様であれば、レーザー治療・電気メス等で、ブツブツを除去します。また、包茎手術と同時に治療が可能です。

STD(性病・性感染症)、よくある質問

STD(性病・性感染症)に関する「よくある質問」について、ご紹介しています。内容(回答)は、あくまでも参考程度にとどめて置いて下さい。また、詳細につきましては、一般診療(健康保険)の病院や包茎手術専門クリニック(全額自己負担)へ来院時、診察やカウンセリングの際、ご確認下さい。

性感染症の検査を受けるにはどうすればよいですか?
病院(一般診療、包茎手術専門クリニック等)、保健所、自宅(簡単検査キット)で性感染症検査を受ける事ができます。また、感染が疑われる行為の後、暫くして、陰部(ペニス、周辺)にブツブツや排尿時の痛みなど、違和感を感じた場合は、先ず病院へ行って検査を受けましょう。
性感染症の治療には、料金はどれくらい掛かりますか?
性感染症の種類によって、治療に掛かる料金は異なります。また、殆どの包茎手術専門クリニックでは、自由診療である為、全額自己負担になります。しかし、一般診療である病院の場合、健康保険が使用できる為、最大3割負担で治療が受けられます。
性感染症の予防はありますか?
性行為によって、血液、精液、膣分泌液などと粘膜の接触により感染します。その為、不特定多数の人との性行為を避け、特定のパートナーとの関係を守ることが重要です。また、コンドームを使用して粘膜や体液などの直接の接触を無くし、性行為の始めから終わりまで必ず装着することが大事です。
包茎は、性感染症に罹りやすくなりますか?
包茎は、常にペニスが包皮で覆われているので、いつも湿っぽく不衛生になりがちです。その為、雑菌が溜まりやすくなり、性感染症にも罹りやすくなります。特にちこう(白いカス)が溜まりやすい方は、いつも清潔な状態を保つ意識が必要です。
コンドームを使用していると性感染症に感染しないのでしょうか?
性感染症への感染防止には、コンドームの使用が不可欠となっています。しかし、コンドームの使用により性感染症に感染しにくくはなりますが、オーラルSEXによって女性器から感染する場合、コンドームでは覆えない箇所が感染経路となる場合(毛じらみ等)が考えられます。コンドームの有無に関わらず性感染症に感染してしまいます。その為、不特定多数との性交渉は行わない事が何よりの予防となります。
キスで性感染症に感染なする事はありますか?
確率は高くはありませんが、キスによる性感染症への感染はあります。例えば、保菌者Aと健常者BがオーラルSEXを行った場合、Bの咽頭にウイルスが感染します。そして、今回、感染し保菌者となったBが、健常者Cと口と口のキスをすると、Cにウイルスが感染する可能性があるのです。
性感染症の定期的な検査は必要ですか?
性感染症には、性器ヘルペス、HIVなどの様に感染しても症状の現れにくいものもあります。この様な場合は、気づかないままにパートナーを感染させる事がありますので、定期的に検査を受ける事が重要です。特に不特定多数との性交渉を楽しまれる方は、エチケットとして必須です。
性感染症の検査方法って、どのようなものですか?
一般的には、医師による問診・検診の他、検体(尿、血液、男性:陰茎表皮擦過物、女性:膣内分泌物、うがい液等)を採取して検査を行います。また、検体は、症状によって採取の内容は異なります。最近では、病院へ行くのが恥ずかしい等、自宅で簡単に出来る検査キットを利用されている方も増えて来ています。

検索
包茎手術・治療専門
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の包茎クリニックが集まっているエリアを紹介



医院
包茎手術・治療専門
 クリニック一覧

■当サイトで、オススメの包茎クリニックになります。実績、人気ともに良好!

検索
包茎手術・治療
 種類・パターン


包皮を切除する術式
  • 環状切開法
    低価格を実現!安全性が高く、見た目がツートンカラーになります。

  • 亀頭直下埋没法
    多くの包茎専門クリニックで採用!特に人気の施術になります。

  • 亀頭下環状切開法
    更に高度な技術が必要!特に性感帯である小帯(裏筋)を温存します。

  • クランプ法
    クランプと言う専用器具を使って包皮を挟んで切除します。

  • 根部環状切除法
    ペニス先端は何も変わりません。見た目を気にされる方に評判。

  • 複合曲線作図法
    従来の治療を進化させた手法!〇〇クリニックで受けられます。

包皮を切除しない術式

検索
包茎手術・治療
 以外のオプション


男の悩み解消・改善方法