※包茎手術・治療で失敗しない為のクリニック選びとは、明朗会計であるクリニックを選ぶ事が重要です。カウンセリングで提示された料金以外は、追加料金が発生しない事です。


【明朗会計】チェック!

判りやすい料金内容であるかどうかをチェックする必要があります。例えば、仮性包茎:10万円と提示された場合、その料金を支払えば、何も追加料金がない。
※包茎治療の料金は、殆んどがホームページで掲載されています。事前に何が基本料金、もしくは、追加料金なのかチェックして置くと安心です。

包茎クリニックの料金体系

明朗会計

包茎手術・治療は、自由診療の為、健康保険は適応されません。その為、費用は、全額自己負担になります。包茎クリニックによって、費用が一式で表示され、大変判りやすい場合もあれば、何かと追加費用が必要になるクリニックもあります。

包茎手術・治療を提供する包茎クリニック業界での適正価格を知る事で、概ね必要な費用が判ってくると考えます。提示価格の内容をチェックしましょう。

わかりやすい料金内容とは!?

■例えば、仮性包茎⇒10万円、カントン包茎⇒12万円、真性包茎⇒14万円と表示され、「局所麻酔」「吸収糸による縫合」「小帯温存(裏筋)」などは、表示した料金に全て含まれていると言う一式の場合、大変わかりやすい料金内容と言えます。

この様に患者側に立って考えられた一式の料金で包茎手術・治療を行っているクリニックも多くあります。

あくまでも、わかりやすい料金とは、大多数の方が必要とする治療については、一式として、「表示料金のみ」で表示され、それ以外に費用は発生しない事であると考えます。しかし、実際は、そうでない包茎クリニックが多い様です。

料金のカラクリとは!

ある包茎クリニックを例にすると、
●仮性包茎:   5万円
●カントン包茎:10万円
●真性包茎:  12万円

冒頭では、安めの料金が表示され、そして、「麻酔代に3万円」「抜糸代に3万円」「小帯温存(裏筋)に10万円」など、別途、追加費用が書かれています。

「仮性包茎:5万円」と表示されれば、一見すると、その料金のみで手術ができると勘違いしてしまいます。しかし、これは、低価格を前面に出して、別途、追加費用が発生するのです。結局、費用は髙く(相場)なります。この様な包茎クリニックの料金表示方法には、ご注意下さい。

適正価格である!?

■包茎手術・治療は、自由診療の為、価格は、クリニックで自由に設定が行えます。その為、クリニックによって、料金の差額が発生しています。では、一体、どこの包茎クリニックの料金が適正価格か大変わかりにくくなっています。

そして、包茎手術の種類や治療方法が多岐にわたり、恐らく、敢えて、適正価格をわかりにくくしているものと考えます。

相場とは!

一般的に、以下の範囲内であれば、問題はないでしょう。これが適正価格だと考えます。しかし、最近では、カントン包茎や真性包茎の方は、以下の料金に別途(癒着剥離、もしくは、絞扼修正の治療)、プラス10万円とする包茎クリニックが増えて来ています。

●仮性包茎  ・・・約 7万円~14万円程度
●カントン包茎・・・約12万円~16万円程度
●真性包茎  ・・・約12万円~18万円程度

執拗にカードローンを勧めて来ない

■包茎手術・治療は、最終的に費用が高くなる為、カードローンの方が多く居られます。その為、ローンを希望される方には、敢えて、追加のオプションを勧めてくる場合があります。中には、雪だるま式に100万円を超えるローンを組まされた方も居られます。

殆んどのクリニックでは、支払いがしやすい様に、各種カードやローンなどを取り扱っています。悪徳クリニックは、それを利用して、執拗にカードローンによる決済を勧めてくるクリニックには、くれぐれもご注意下さい。

もし、手術費用が20万円程度であれば、極力、ローンを組まずに現金決済をお勧めします。それは、相手に付きいれる隙を見せない為でもあります。また、財布の中に入っているカードは、見られない様にしましょう。

支払い方法に要注意!

事前のアンケートやカウンセリングの際に支払い等の確認で、もしカードローン支払いとした場合、悪徳クリニックの手口は、ローンが組めると分かれば、何かに付けて、オプションを勧めようとします。ローンの場合は、特に注意が必要です。



包茎クリニック選びのポイント!




検索
包茎手術・治療専門
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の包茎クリニックが集まっているエリアを紹介



医院
包茎手術・治療専門
 クリニック一覧

■当サイトで、オススメの包茎クリニックになります。実績、人気ともに良好!

検索
包茎手術・治療
 種類・パターン


包皮を切除する術式
  • 環状切開法
    低価格を実現!安全性が高く、見た目がツートンカラーになります。

  • 亀頭直下埋没法
    多くの包茎専門クリニックで採用!特に人気の施術になります。

  • 亀頭下環状切開法
    更に高度な技術が必要!特に性感帯である小帯(裏筋)を温存します。

  • クランプ法
    クランプと言う専用器具を使って包皮を挟んで切除します。

  • 根部環状切除法
    ペニス先端は何も変わりません。見た目を気にされる方に評判。

  • 複合曲線作図法
    従来の治療を進化させた手法!〇〇クリニックで受けられます。

包皮を切除しない術式

検索
包茎手術・治療
 以外のオプション


男の悩み解消・改善方法